Gutenberg(グーテンベルク)とは?

ちょうど1週間前のことですが、まさにWordPressを始めようとしていた時、当たり前のようにGutenberg(グーテンベルク)という単語が使われていて、意味がよくわかりませんでした。

でも、Gutenbergという単語自体は聞いたことあるんです。地名かな?と思ったら、人名なんですね!

ヨハネス・ゲンスフライシュ・ツア・ラーデン・ツム・グーテンベルク(ドイツ語: Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg、1398年頃 – 1468年2月3日)は、ドイツ出身の金細工師、印刷業者である。印刷に改良を加えた活版印刷技術の発明者といわれ、広く知られている。

ウィキペディアより

Gutenbergさんはドイツの都市・Mainz(マインツ)の人だったそうですが、そういえば、わたしは25年ぐらい前にマインツに行ったことがありました!

そこのGutenberg-Museum(グーテンベルク博物館)で豆本を買ったことがあるような? だから名前を知っていたんですね!

WordPressにおけるGutenbergとは

今使っているWordPressはバージョン 5.4.2なのですが、2018年12月6日のバージョン5.0のBeboからデフォルトになったブロックエディタの名前がGutenbergなんだそうです。活版印刷技術の発明者の名前に由来しているんですね!


エディタ(またはエディター、editor)は、コンピュータ上で各種のオブジェクトを編集するソフトウェア。単にエディタという場合、テキストエディタを指すことがある。

ウィキペディアより

バージョン5.0のBebo=Bebo Valdésとは?

MUCHO SABOR

「キューバのクインシー・ジョーンズ」 ! イラケレのピアニスト、チューチョ・バルデースの父にして、ピアニスト/バンド・リーダーとしても活躍したベボ・バルデースの貴重な57年作品。 サボール・デ・クーバ楽団を率い、ピオ・レイヴァ、アダ・レクス、レイナルド・エンリケスらが参加。

CDの商品説明より

ちなみに、このバージョン5.0のBeboというのはキューバ出身のBebo Valdésにちなんでいるそうです。
よく見たら、Beboのほかにも、WordPressのバージョン1.0から5.0まで、DavisとかGetzとかSonnyとかEvansとか、すべてジャズミュージシャンの名前が付いていますね!

前回のブログにも書いたのですが、「Hello Dolly」というプラグインもあるし、これはMatt Mullenweg氏の趣味なのかもしれませんね。わたしも昔はジャズをよく聴いていたので、親近感が湧きました。^^

クラシックエディタか、ブロックエディタか

つい先週WordPressを始めたばかりのわたしですが、無料ブログテーマのデフォルトがすでにGutenberg(=ブロックエディタ)になっています。

なので、そのままブロックエディタを使ってブログを書いています。

今のところ、クリック&ドラッグ、文字入力ぐらいしかやってないので、コード編集とか全く触っていません、、

それでもWordPressが使えてしまうところが、画期的なのかもしれませんね!

このままではコードとかプログラミングを勉強することなく、ずっと行ってしまいそうですけど、、

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]

こちらはWordPressを始めるにあたって購入した本(電子書籍)ですが、全部で14章あるうちの、第11章「Gutenbergへの対応」すらまだちゃんと読んでいないのに、ブログができてしまうくらい、ブロックエディタは直感的に使えるようになっているんですね。

Classic Editorのプラグイン

ブロックエディタ(=Gutenberg)じゃなくて、これまでどおりの旧エディタが使いたいという場合は、Classic Editorという無料のプラグインを使えばすぐに変更できるようになっています。

このClassic Editorは公式サイトによると、少なくとも2022年まではサポートされているそうです。

でも、これからなくなりつつあるものなので、わたしのようにWordPressを新規に始める場合は、ブロックエディタのままのほうがいいのかもしれませんね。

Block Editorとは


The image shows how to write with the Block Editor
画像は、今Block Editorで書いているところのスクリーンショットです!

今まさにブロックエディタなんですが、ブログに文字を書こうとしたら、横長の長方形のブロックが勝手に出てくるので、その中に文字を書く感じです。

文字だけじゃなくて、このブロックの中には画像とか動画とか引用とか、いろいろなものが入るのですが、そこにあるボタンを選んでクリックするだけなので、コードとかプログラミングとかわからなくても、直感的に使えます。

今はまだ2回目の投稿なんですが、早速感動したのは、YouTube以外の動画も貼れる点です!
メインの日記ブログ(アメーバブログ)ではYouTubeぐらいしか動画リンクを貼れなかったので、紹介するのをあきらめたものがたくさんありました。

今日はグーテンベルク美術館の動画(Vimeo)を貼れたので、小さなことですが、大満足です。^^

【2/17追記】遅まきながらですが、プラグインの紹介でスクリーンショットの画像を使っていたのを、ブログカード方式でembedにしてみました。(URLをブロックに入れるだけです^^)

WordPressについて書いたブログはこちらです:

2020/7/18「WordPress(ワードプレス)を始めました
7/19「Gutenberg(グーテンベルク)とは?
9/15「WordPressで行間に区切りやスペースを挿入する方法(ブロックエディタ)
2021/3/9「WordPressの改ページの方法と目次を作る方法(ブロックエディタ)
4/5「CSSデビュー!WordPress(ワードプレス)の表の文字サイズを簡単に一括で変更する方法

(このブロックは、再利用ブロックです)

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です