2022年4月からYahoo! JAPANが欧州経済領域とイギリスで見れなくなった後の自分への変化

以前、日記ブログのほうでも書いたのですが、2022年4月6日からフランスを含むヨーロッパの国々ではヤフージャパンが見れなくなりました。

初めのうちはすごく残念でしたが、ヤフーの代わりとしてGoogleニュースを見るようになって1か月ほどが経ち、結果的にこれでよかったかなと思う今日この頃です。

今回のブログでは、ヤフーが見れなくなったことで自分にどんなプラスの変化があったのかをご紹介しようと思います。

その時の日記ブログはこちらです:
今日(4/6)からYahoo! JAPANが欧州経済領域とイギリスで見れなくなりました

ヤフーがヨーロッパから利用不可に

2022年4月6日 (水) よりYahoo! JAPANは欧州経済領域(EEA)およびイギリスからご利用いただけなくなりました
2022年2月1日よりご案内の通り、Yahoo! JAPANは欧州経済領域(EEA)およびイギリスのお客様に継続的なサービス利用環境を提供することが困難であるとの判断から、以下の「2022年4月6日 (水)以降もご利用可能なサービス」に記載のサービスを除き、2022年4月6日 (水) 以降EEAおよびイギリスからはサービスをご利用いただけなくなりました。

なお、お客様が日本国内でYahoo! JAPANサービスをご利用になる場合は、引き続き全てのサービスをご利用いただけます。

お客様にはご不便をおかけいたしますことを深くお詫びいたします。

Yahoo! JAPANお知らせより

というわけで、実は今でもスマホにヤフーの速報が届くものの、クリックしてもウェブサイトを見ることができません。

現在は、ニュース記事を見れなくなったのはもちろんのこと、Yahoo!ファイナンスの為替情報やYahoo!知恵袋の質問コーナーなどにもアクセスできません。そしてYahoo!ショッピングも使えないのです。

わたしはAmazon利用者なのでショッピングに関してはほとんど影響はないんですが、Yahoo!ショッピングを使っていた人は多いんじゃないかなと思います。

例えば、エヴァンゲリオンのファンの人たちには、かなり痛手かもしれません。本家の「EVANGELION STORE オンライン」のほうが第三者による不正アクセスを受けて昨年11月30日頃から休止中のため、当面は「EVANGELION STORE Yahoo!店」を使うしかないのですが、これもヨーロッパからは利用ができなくなっています。

欧州経済領域(EEA)の国々とは

画像はWikipediaより(EEA構成国-緑:EFTA加盟国、青:EU加盟国)

このたびヤフーの利用が不可能になったのは、欧州経済領域(European Economic Area、EEA)およびイギリスです。

欧州経済領域とはどこを指すかと言うと、上の図の緑色と青色の国々で、アイスランド リヒテンシュタイン ノルウェー オーストリア ベルギー ブルガリア クロアチア キプロス チェコ デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハンガリー アイルランド イタリア ラトビア リトアニア ルクセンブルク マルタ オランダ ポーランド ポルトガル ルーマニア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデンの30か国だそうです。

スイスはここには含まないので、今も変わらずヤフーが利用できるみたいですね。

なぜ見れなくなったのか?

欧州経済領域の30か国とイギリスと、合計31か国でヤフーのサービスがつながらないというのは、かなり広範囲ですよね。

なぜ見れなくなったのか? 2月1日付けの日本経済新聞の記事『ヤフー、欧州でサービス提供中止 法令順守の採算合わず』によると、「コストの観点で、欧州の法令順守を徹底するのが難しくなったため」とのことのようです。

ヨーロッパからのヤフーの利用者は全体の1%程度にとどまっていたそうで、そのためにEUの一般データ保護規則(General Data Protection Regulation、GDPR)などに万が一でも抵触して巨額の制裁金を科されるリスクをなくしたい、ということみたいです。

ヤフーの代わりにGoogleニュース

わたしがヤフーニュースの代わりに使うようになったのは、Googleニュースです。

Googleニュースは、ブラウザで見る方法と、アプリをインストールして見る方法があります。

こちらは自分のスマホのスクリーンショットですが、下段にGoogleニュースのアイコンが2つありますね。

この両者には少し違いがあって、①左側のアイコンのGoogleニュースのほうは言語/地域を1つしか選べませんが、②右側のほうは2つまで選べます。

できるだけ複数の言語を表示できるように、とりあえず両方をキープしているところです。

左側のアイコンのGoogleニュース(たぶんブラウザ)

*「たぶん」と書いたのは、当初いろいろ試しているうちにごっちゃになってしまったからです。。

でも、上部にURLがあるし、下部に「ホームスクリーンに追加」という表示もあるので、おそらくこちらはブラウザ版のほうで間違いないと思います。

こちらでは、左上のメニューボタンを触ると、「言語と地域」を一覧から1つだけ選ぶことができます。

例えば、英語に親しむためにEnglishを選ぶとしても、どの地域にするのかを考えないといけません。English(United Kingdom)ならイギリス中心のニュース、English(United States)ならアメリカ中心のニュースが表示されるといった具合です。

わたしの場合はEnglish(United States)がデフォルトで表示されていましたが、フランスにいながらアメリカ中心のニュースを見てもあまりピンと来ないので、UKのほうを選択しました。

なので、興味のある言語と地域の組み合わせで選んでみてください^_^

English(United Kingdom)
English(United States)

こちらはどちらも英語表記ですが、左がイギリス、右がアメリカとなっています。

表示されるニュースの内容も違うし、気温の表示もイギリスは摂氏(Celsius)でアメリカは華氏(Fahrenheit)なので異なりますね。

Français(France)
日本語(日本)

こちらは、フランス語(フランス)と日本語(日本)です。

Googleニュースは、既存のニュースチャンネルやウェブサイトの記事の見出しを表示しているだけなので、クリックするとそのサイトに飛ぶようになっています。

なので、例えば「フランスのニュースを英語で表示する」という組み合わせはできません。

上の4つの画像はどれも同じ時間帯のスクリーンショットですが、今はやっぱりウクライナ関係が多いですね。

右側のアイコンのGoogleニュース(たぶんアプリ)

*白い背景のアイコンのこちらは、おそらくアプリのほうだと思います。

こちらには左上のメニューボタンがないので、右上に表示される自分のGoogleアカウントのアイコンを触ることで「News Settings」(ニュース設定)ができるようになります。

そこに「Languages & Regions of interest」というのがあって、ここで2つまで言語と地域が選べます!

わたしはPrimary(第一言語)を日本語、次はフランス語にして使っています。Primaryの言語のほうが多めに表示されるみたいです。

言語と地域を2つ選択した場合

4月8日のスクリーンショットです

例えば、日本語とフランス語を選択した場合は、こんな見え方になります。

テーマがバラバラで唐突な感じですが、フランス語のプーチン大統領の話題があったかと思えば、日本語のNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の話題があり、そしてフランス語のウィッチャーのゲームの話題が続いています。

わたしが以前ヤフーニュースを見ていたのはアプリではなくブラウザなので、どんなものに興味関心があるのかGoogleは全てお見通しなわけなんですね。(半年ほどヤフーで「カムカム」の話題を追って読んでいました…^^)

興味のない記事の場合

Googleニュースには、自分に興味関心のある記事が表示されることが多いですが、興味のないものが表示されることももちろんあります。

それが1回や2回なら無視すればいいことなのでまだいいんですが、同じテーマの記事がずっと続くと自分が気に入っていると誤解されているかもしれないので、そういう時はその記事のウェブサイトごと非表示にするか、類似の記事の表示数を減らすこともできます。

例えば上の画像の場合、ドイツ系ディスカウントストアのLidl(リドル)は、自分の近所に店舗がなくて行ったことがないし、たぶん今後も行くことがないと思われます。

それなのに「リドルで買えるマニフィックな9ユーロ以下の春服!」とかの記事は不要ですよね。

その記事のタイトル近くにある3つの点々を触ると、記事をシェアしたりできるほか、じっくり読みたい場合はFollowingのほうに保存したり、そのウェブサイトに移動したり、そのサイトを非表示にするなどもできます。

この記事の掲載されているCulturefemme.comはもしかしたら興味があるかもしれないので、とりあえず「類似の記事の表示数を減らす」のほうを選んでみます。

そして「Choose why」なぜ表示を減らしたいのかを選ぶと、「リドル」関連の記事が少なくなるという仕組みのようです。

ちなみに、ストレンジャー・シングスは興味あるので残しております。もうすぐシーズン4ですね^_^

ならば楽天は?

Yahoo!ファイナンスの為替情報の代わり

画像は、楽天証券の公式ウェブサイトより

ヤフーの外国為替情報の代わりには楽天証券のページを見ることにしました。

わたしは単にユーロ円の移り変わりが簡単に見られればいいだけなので、最初は見づらい感じもしましたが、今は慣れました^_^

楽天Infoseek (インフォシーク)はどうか

画像は、Infoseek公式ウェブサイトより

為替情報が楽天でいいなら、ニュースも楽天でいいではないかとも思ったんですが、Infoseek(インフォシーク)のほうは記事のタイトルが短すぎるので内容が想像できず、クリックした後で興味が無くてがっかりすることもあるので、よりタイトルが長くて画像も載っているGoogleニュースのほうがいいかなと思った次第です。

ちなみに、Infoseekのほうもヤフーのように記事はInfoseek側に記載されていて、その掲載元サイトに飛ぶ必要はとりあえずはありません。

その後の自分へのプラスの変化

ヤフーニュースは記事がてんこ盛りで、興味ある記事は読者コメントを読むのも面白く、一度読み始めると止まらなくなって時間がどんどん経ってしまうのが玉に瑕でした。

一方、Googleニュースのほうは掲載タイトルが少ないしコメント欄を読むこともないので、あっという間に見終わってしまいます。なので、時間の無駄遣いをしようにもできなくなり、自分の自由時間が増えました^_^

また、日本語記事に加えてフランス語記事も登場するようになったので、自分に関心のあるテーマに偏っているのは否めませんが、フランスのニュースにも以前より敏感になることができました。

また、Googleニュースにはニュース記事以外も掲載されるので、例えばフランスのレシピを検索してそのウェブサイトを見ていたとしたら、その関連記事が表示されるようになります。そうすると、フランスの食べ物の話題が頻繁に出てくるので、受動的に知ることができて楽しいです^_^

そして何よりフランスのニュースはフランス語表記なので、フランス語の文章を半強制的に(?)読むようになったことで、自然とフランス語の勉強にもなっていると思います。

聴く力をつけるには、ラジオもおすすめです。こちらは以前のブログです:
目のやり場に困るフランスのラジオ「Europe 1」

さいごに

フランスでヤフーが見れなくなって、最初はとてもがっかりしたものの、1か月経って感じることは、これでよかったのかなということです。

時間の無駄遣いが減り、フランスの話題が身近になり、フランス語の記事を半強制的に読むようになりました。

逆に、日本在住の方でも、学びたい国のGoogleニュースを登録することで、語学学習もできて、旬の時事問題やカルチャー記事が読めて、一石二鳥なのですごくおすすめです!^^

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。